×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  <別れさせ屋>別れさせ、復縁、携帯番号調査、お付合い工作、各種代行【探偵社】リアルエージェンシー

 
<別れさせ屋>別れさせ、復縁、携帯番号調査、お付合い工作、各種代行【探偵社】リアルエージェンシー
>【探偵】トップページ>探偵社コラム>離婚の知識 >離婚できるケース・事例
離婚の知識〜離婚できるケース・事例 〜
相手が離婚に反対をし離婚の合意が成立しなかった場合、裁判離婚をする際には法律の定める離婚原因にあたることが必要となるのです。民法では下記のように定められています。

    【 民法第770条  第1項 】
    夫婦の一方は次に掲げる場合に限り離婚の訴を提起することが出来る。
  • 配偶者に不貞な行為(浮気)があったとき
  • 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  • 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  • 配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき
    【 民法第770条  第2項 】
    裁判所は前項第1号から第4号の事由があるときでも一切の事項を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは離婚の請求を棄却することが出来る。
    離婚の認定には結婚生活が破綻しているかどうかが重要になります。 「婚姻を継続しがたい重大な事由」の内容は定義されていないので、ケースバイケースで離婚できるかどうか、また夫婦の事情も合わせて総合的に判断されます。
  • 性格の不一致
  • 性生活の不一致
  • 暴力、虐待、暴言等(精神的な暴力も含む)
  • 配偶者の両親、親族との不和
  • 刑事事件で刑務所に服役している
  • 過度の宗教活動
を焦点として離婚を認められるかどうか判断されます。

離婚の種類
財産分与
慰謝料
慰謝料と財産分与の関係
法律上の条文
離婚できるケース・事例
離婚届の不受理申出
子供の親権、監護権
子供の面接交渉権
離婚後の子供の戸籍
公的援助

安心の探偵社
離婚の知識
他探偵社のトラブル

探偵相談窓口

お名前(匿名・仮名でも構いません):
 男性 女性

相談者様年齢: ※未成年、学生の方はご遠慮下さい。

E-mailアドレス(パソコン、携帯どちらでも可):

ご住所(区市町村まででも結構です):

ご相談内容(概略でも結構です):

このサイトを知ったきっかけ:
yahoo google MSN mixiなどのSNSサイト
個人ブログ その他