×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  <別れさせ屋>別れさせ、復縁、携帯番号調査、お付合い工作、各種代行【探偵社】リアルエージェンシー

 
<別れさせ屋>別れさせ、復縁、携帯番号調査、お付合い工作、各種代行【探偵社】リアルエージェンシー
>【探偵】トップページ>探偵社コラム>離婚の知識 >法律上の条文
離婚の知識〜法律上の条文 〜

【 民法 第770条〔離婚の原因〕 】

(1)夫婦の一方は、下記の場合に限り、離婚の訴えを提起する事が出来る。
 1.配偶者に不貞な行為があった時。
 2.配偶者から悪意で遺棄された時。〔すてる事・置き去りにする事〕
 3.省略(三年間行方不明)
 4.省略(回復不可能な精神病)
 5.その他婚姻を継続し難い重大な理由がある時。

【 民法 第752条〔同居、扶助の義務〕 】

 ・夫婦は同居し、違いに協力し扶助しなければならない。〔上記 5.に該当する〕
※広辞苑から(扶助とは)〔助ける事・力を添える事〕
※ 家事、子供の教育、近所の付き合いの他・特に妻も共働きしている家庭は、更にその他を協力しなければならない。

【 民法 768条〔財産分与の請求〕 】

(1)協議上の離婚をした者の一方は相手方に対して、財産分与を請求することが出来る。
(2)前項について、当事者間に協議が調わない時、又は協議することが出来ない時は、当時者は、家庭裁判所に対して、協議に代わる処分を請求する事が出来る。
※この件に関しては、社会通念上の婚姻関係や夫(晋殿)の職業と所得その他を考慮して、算出できます。
尚、教育費・財産分与・慰謝料等は、双方の合意の上決定しますが、一番余分な費用と無駄な時間を掛けない、和解協議が良いです。

【 民法 第770条の 1.と 5.に該当する内容〔夫婦間は信頼関係で成り立つ〕 】

・夫婦間の信頼関係の失墜〔虚偽(うそ)の理由で出掛けたり、帰宅したりする事が頻繁である。〕
・浮気又は浮気の疑いは、精神的虐待に該当する。

離婚の種類
財産分与
慰謝料
慰謝料と財産分与の関係
法律上の条文
離婚できるケース・事例
離婚届の不受理申出
子供の親権、監護権
子供の面接交渉権
離婚後の子供の戸籍
公的援助

安心の探偵社
離婚の知識
他探偵社のトラブル

探偵相談窓口

お名前(匿名・仮名でも構いません):
 男性 女性

相談者様年齢: ※未成年、学生の方はご遠慮下さい。

E-mailアドレス(パソコン、携帯どちらでも可):

ご住所(区市町村まででも結構です):

ご相談内容(概略でも結構です):

このサイトを知ったきっかけ:
yahoo google MSN mixiなどのSNSサイト
個人ブログ その他